腎臓病食の人には宅配サービス~パクパク健康食を食べる~

先生

関節炎を予防する方法

プリン体は控える

女性

痛風になると体が痛くなり仕事や家事に悪影響を及ぼすため、日頃から食事に注意して予防をする事が大切です。以前は高齢者に多い病気でしたが、最近では若い世代も痛風になる人が増えているため注意が必要です。痛風を改善する食事としては、プリン体の多い食材は食べない事が大切で、プリン体の多い食材を食べると症状が悪化します。プリン体の多い食事を継続すると、血液の中に尿酸が増加して痛風の症状が進行するため、プリン体の少ない食事に切り替える事が大切です。プリン体は肉や魚に多く含まれているため、野菜を多く取り入れた食事をする事が効果的です。食材を茹でる事でプリン体を少なくする事ができるため、肉や魚は茹でて食べる事が好ましいです。

水分を飲む事が効果的

水分を多く飲む事で体内の尿酸を排出する事ができるため、痛風の症状を緩和する事が可能です。一日に二リットル以上の水分を飲む事が効果的なので、お茶を多く飲む習慣を付ける事が重要です。アルコールや糖分の多いジュースを飲むと、逆に痛風の症状が悪化する事になるため、アルコールやジュースを飲む事は避ける事が肝心です。果物はビタミンを多く含んでいますが、食べ過ぎると糖分が多くなるため、注意が必要です。ビタミンは野菜の多い食事をする事で補う事ができるため、野菜の多い食事に切り替える事が肝要です。また塩分の多い食事は高血圧になり、痛風の症状を悪化させるため、塩分の少ない食事をする事が好ましいです。バランスの良い食事をする事で、痛風の症状を改善する事ができます。