腎臓病食の人には宅配サービス~パクパク健康食を食べる~

先生

糖尿予防、治療中の食べ方

過食はNG

和食

糖尿病は、血液中の糖分が高い状態が続き、インスリンの働きが低下してしまう病気です。一度糖尿病になると完治はできず、進行していくと目や神経、腎臓などに合併症を引き起こすことがあるので、進行しないよう治療を続けることが必要となります。糖尿病を予防するため、また現在治療中で薬が服用していたとしても、インスリンを効率よく働かせるために、適度な運動をして肥満を解消することは、症状をの進行を止めるひとつの方法です。さらに、食事の摂り方が大切です。1日3食きちんと食事をし、バランスのよい内容はもちろんのこと、よく噛んで過食やまとめ食いを避けることです。正しい食べ方をすることで、インスリンが効率よく使われます。

宅配食も人気

糖尿病予防、治療には食事の量に気を付けることも大切です。糖質を避ける食事をする人もいますが、バランスのよい内容であれば糖質を極力避ける必要はありません。問題があるのは糖質の摂りすぎです。これが脂肪分を摂取するより肥満になりやすいというデータもあります。外食になる場合は単品メニューや高カロリーメニューを避け、腹八分目を目安に、1割程度残す気持ちで食べることがおすすめです。なかなか食事に気を配ることが難しい場合には、宅配食の利用がおすすめです。1日の栄養素をバランスよく摂取できる宅配食は、食事管理に便利です。糖尿病や腎臓病向けの病気食を提供しているところもあります。栄養バランスとカロリー計算が行き届き、飽きのこないメニューを提供しているので、今後も人気となっていくサービスと考えられています。